建物

190314 兵庫県立美術館1

「安藤 忠雄」氏設計の「兵庫県立美術館」です。先日の「人と防災未センター」の並びに建っています。

コンクリートの基盤の上にガラスの箱が3列並び、それを大きなコンクリートの庇で覆っている形となっています。この形はアメリカで設計されたフォートワース美術館とほぼ同じ構成です。(フォートワース美術館は、コンクリートの庇をYの字型の柱が支えています)

この美術館は海際に建っていますが、内部からはそれをあまり感じられません。フォートワース美術館のほうが、敷地に作られた人工池との距離感が良いように思います。(また大阪の海遊館のほうが、展示室から海が一望できるシーンがあり印象的でした。ただ展示空間としては、強い外光が入るのは決して良くは無いのでしょうが。)

兵庫県立美術館 外観

 

一覧へ戻る

一覧へ戻る

トップへ戻る